WordPressでの常時SSL化する方法【常時SSL化まとめ】

スポンサーリンク
防犯カメラ:常時SSL化HP作成

WordPressで常時SSL化する方法はどうするの?

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

手順は常時SSL化その1その2とほとんど同じです。なので、常時SSL化をまとめつつWordPressの常時SSL化を説明します。

WordPressにはプラグインという追加できる機能があるので、もしかしたらHTMLだけで作ったホームページより楽に設定できるかもしれません。でも、プラグイなしでも楽に設定できるから大丈夫ですよ。

常時SSL化はホームページ作成の一つの山場です。なるべく早く山は越えた方がいいと思うので、常時SSL化はサイトを作り始めたらすぐに取りかかるといいですよ。

WordPressでの常時SSL化する方法

手順はホームページをSSL化して、httpのアドレスからhttpsに転送します。

サーバー証明書は無料でも有料でも強度が変わりません。予算が十分にある場合以外は無料でよいと思います。なので、今回の説明は各レンタルサーバーが用意する無料SSL化の説明になります。

常時SSL化の手順

HTMLだけのホームページの場合とほぼ変わりません。

  1. サイトのバックアップをとる
  2. 各レンタルサーバーでSSLを有効化する
  3. WordPressの「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のを書き換える
  4. リダイレクトを設定する
  5. リダイレクトされているか確認する
  6. ホームページ内のリンクがhttpになっていないか確認する

サイトのバックアップをとる

うっかり作業の途中でミスをして復元が必要になるかもしれません。バックアップをとることをオススメします。プラグインでとる方法、サーバーのコントロールパネルから保存する方法があります。

プラグインのおすすめの中で「BackWPup」を紹介しています。

各レンタルサーバーでSSLを有効化する

さくらインターネット の場合

さくらインターネットでは、現在新旧のコントロールパネルがあります。旧コントロールパネルは2021年までなので、新コントロールパネルを使いましょう。より分かりやすいく簡単設定になっています。

1.コントロールパネルの「ドメイン/SSL」をクリックする

2.設定したいドメインを選び、「設定」をクリックします

3.「SSLの利用」の「共有SSLを利用する」を選びます。画像はサブドメインの設定画面です。独自ドメインの場合は「SNI SSLを利用する」と表示してあります。

4.「保存」します。サーバー証明書が発行されるまで、SSL化するまでに数時間かかる場合があります。次の作業にすすむ前に一度休憩しましょう!

「https://」でアクセスできるようになったら、次の作業に進みます。

コアサーバー の場合

1.コントロールパネルのサイト設定を選びます。サイト一覧が表示されるので、その中から対象のサイト名(ドメイン)を選びます。

2.「サイト設定の変更」ボタンをクリックします

3.「無料SSL」を選びます。

4.「保存」します。サーバー証明書が発行されるまで、SSL化するまでに数時間かかる場合があります。次の作業にすすむ前に一度休憩しましょう!

「https://」でアクセスできるようになったら、次の作業に進みます。アクセスできない場合は「安全ではありません」といった警告がでます。

WordPressの「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のを書き換える

ここがHTMLだけのホームページの場合と違います。忘れないように設定してくださいね。

  1. ダッシュボードの「設定」から一般を選びます
  2. 「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のURLを「http」から「https」に書き換えます
  3. 保存します

万が一、設定を間違った時は無限ループに陥りますので、慌てますよ。書き換える前に下のリンク先を読んでみてくださいね。そうすれば万が一陥っても、慌てずに対処できますよ。

リダイレクトを設定する

コアサーバーは自動でhttpsに転送します。また、さくらインターネットの新コントロールパネルでもリダイレクト設定ができます。ただし、302の一時的なリダイレクト設定になっています。

プラグインを使う方法や.htaccessファイルで転送する方法があります。

さくらインターネットの場合は、「さくらレンタルサーバ簡単SSL化プラグイン」があります。これを使うと便利ですよ。

.htaccessファイルでリダイレクトする方法

テキストファイルまたは、レンタルサーバーのファイルマネージャーで直接ファイルを作る方法があります。

間違えるのが嫌な方やバックアップとして手元にファイルを残しておきたい方はメモ帳などのテキストエディタを利用します。下はその手順です。

  1. テキストエディタを開く
  2. コードをコピー&ペーストする
  3. ファイル名をとりあえず「htaccess.txt」にして保存する
  4. 自分の神社サイトのURLに書き換える
  5. サーバーにアップロードする
  6. ファイル名を「.htaccess」に書き換える

.htaccessファイルの内容です。httpでアクセスした場合にhttpsのURLに転送するように指示した内容になっています。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

リダイレクトされているか確認する

アドレスバーに「http」のURLを入力してください。すぐに「https」のURLに書き換えられれば転送されています。

もしくは「リダイレクトチェックツール」を使うと、正しく動作しているかどうかよりハッキリ分かりますよ。

ホームページ内のリンクがhttpsになっているか確認する

もし、アドレスバーのURLが「https」になっていても鍵マークが出ない場合は、全てのリンクが「https」になっていないことが予想されます。その時は、他のページやサイトへのアドレスリンクや画像のリンクが「https」になっていないのが原因です。

おわりに

サイトを作り始めたら、体力がある内に常時SSL化しましょう!常時SSL化の手順その1、その2はこの内容を詳しく書いていますので併せて読んで頂けるといいなと思います。

ホームページをSSL化するまでは簡単です。リダイレクトがややこしいのです。コピペすればリダイレクトできるはずなのに、サーバの仕組みや思った以上にサーバー証明書の発行までに時間がかかったりして、進みません。

ホームページが完成してから常時SSL化すると、リンク先がhttpsなっていないなど、めんどくさいことが増えます。

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました