コアサーバーでの常時SSL化とhttpsかつwwwなしに統一する方法

スポンサーリンク
太陽:コアサーバーでの常時SSL化の手順HP作成

コアサーバーでの常時SSL化はどうするの?ついでにURLを一本化したいんだけど、どうするの?

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

ちょっと常時SSL化について連続投稿していますが、それだけ常時SSL化は重要なのです。そして、意外とスムーズに行かない・・・。なので、今回も常時SSL化の手順です。

さて、今回はコアサーバーでの常時SSL化の手順とwwwなしのURLへ一本化です。さくらインターネットと手順は同じですが、それぞれ特徴があるなぁと思います。こういうときにサーバーの仕様が影響するのでしょう。

 コアサーバーのサーバ仕様はこちら

 さくらインターネットのサーバ仕様はこちら

コアサーバーでの常時SSL化の手順

常時SSL化の手順は、その1その2まとめと同じです。常時SSL化についてはその1に詳しく書きましたので、「そもそも常時SSL化とは何?」を見てくれるといいかなと思います。

1.サイトのバックアップをとる
2.コアサーバーでSSLを有効化する
3.WordPressの「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のを書き換える
4.リダイレクトを設定する
5.リダイレクトされているか確認する
6.ホームページ内のリンクがhttpになっていないか確認する

HTMLだけのホームページの場合は、手順は1→2→4→5→6になります。

1.サイトのバックアップをとる

バックアップの方法はいくつかあります。HTMLだけのホームページの場合はFTPソフトだけで大丈夫です。WordPressの場合は見た目の部分のプラグインやテーマのバックアップと文章などの中身の部分の2つのバックアップが必要になります。

  • FTPソフトを使う(HTMLやWordPressの見た目部分のバックアップ)
  • phpMyAdminを使う(WordPressの記事など中身のバックアップ)
  • WordPressのプラグインを使う
  • コントロールパネルからバックアップをする

WordPressのプラグインの「BackWPup」はバックアップによく使われるプラグインです。これはスケジュールが組めるのでバックアップを忘れることがありません。

コントロールパネルからでも、データベースのバックアップを作成することができます。赤く囲った所からバックアップが行えます。「全体バックアップ」は全てのデーターベースwバックアップします。今回は「バックアップの作成」でいいかと思います。

2.コアサーバーでSSLを有効化する

1.コアサーバーにログインします。ダッシュボードのサイト設定を選びSSL化したいサイトを選びます。

2.サイトを選んだら、「サイト設定の変更」ボタンをクリックします

3.無料SSLを選びます。(独自SSLの方は独自SSLを選びます)

4.「https」で通信ができるまで待ちます。タイミングによっては数時間かかることがありますので、慌てず待ちます。

3.WordPressの「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」のを書き換える

WordPressにログインします。設定の一般設定のWordPressアドレスとサイトアドレスの「http」を「https」に書き換えます。

4.リダイレクトを設定する

「http」で通信するアクセスをセキュリティ効果のある「https」にリダイレクトします。

「https」で通信が可能の状態になれば、コアサーバーは自動で「http」から「https」に転送します。また「http://www」を「https://wwwなし」にも転送します。ただ、302リダイレクトであること、「https://www」から「https://wwwなし」がリダイレクトできないので、別途リダイレクト設定をした方がいいでしょう。

リダイレクトする方法として、2つ考えられます。.htaccessファイルを使う方法とプラグインを使う方法です。

  1. .htaccessファイルでリダイレクトする
  2. プラグインを使う

.htaccessファイルでリダイレクトする

テキストファイルまたは、レンタルサーバーのファイルマネージャーで直接ファイルを作る方法があります。

間違えるのが嫌な方やバックアップとして手元にファイルを残しておきたい方はメモ帳などのテキストエディタを利用します。下はその手順です。

  1. テキストエディタを開く
  2. 2.コードをコピー&ペーストする
  3. 自分の神社サイトのURLに編集する
  4. ファイル名をとりあえず「htaccess.txt」にして保存する
  5. サーバーにアップロードする
  6. ファイル名を「.htaccess」に書き換える

.htaccessファイルの内容です。httpでアクセスした場合にhttpsのURLに転送するように指示した内容になっています。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301]

プラグインを使う

残念ながらコアサーバーの常時SSL化のプラグインはありません。有名どころとして「Really Simple SSL」があります。

5.リダイレクトされているか確認する

アドレスバーに「http://」のURLを入力して転送されているか確かめます。もしくはリダイレクトチェックツールを使って確認します。

6.ホームページ内のリンクがhttpになっていないか確認する

先のプラグイン「Really Simple SSL」を使えば過去に書いた記事や画像などのリンクもhttpsに直されます。

もし、アドレスバーが「https」になっていても鍵マークが付かない場合はリンクが「https」になっているかどうかソース(コード)で確認します。

常時SSL化のついでにwwwなしのURLに統一する方法

SSL化後の状態

コアサーバーでのhttpsのwwwなしドメインでアクセスを統一する方法です。コアサーバーではSSLの有効化設定をすれば自動でリダイレクトされます。この時「http://www.yamatokobachi.com」から「https://yamatokobachi.com」へ自動に転送ができます。

ただし、「https://www.yamatokobachi.com」から「https://yamatokobachi.com」には転送されません。しかも「ドメインウェブの設定が見つかりません」と警告されます。画像に余計なものが入りましたが、「ドメインウェブ」が設定されていないことが表示されました。

ドメインウェブが見つかりませんの警告

これは「www付きのドメイン」がない状態をしてしているので、コアサーバーでドメインの設定を行います。

WWW付きのドメインを設ける

手順です。新コントロールパネルから行うと楽にできます。

  1. サイト設定の新規作成で、www付きのドメインを作る
  2. WWW付きのドメインをSSL化する
  3. .htaccessファイルでそれぞれリダイレクトを行う

サイト設定の新規作成で、www付きのドメインを作る

1.コアサーバーにログインします。ダッシュボードの「ドメイン設定」を選び、「ドメイン設定の新規作成」ボタンをクリックします

2.例えば「sample.com」のドメインの人は「www.sample.com」のようにwwwが付いたドメインを入力します。Aレコードのチェックは入れなくても大丈夫です。

3.新しく作ったwww付きのドメインのサイト設定を行います。サイト設定の新規作成ボタンをクリックします

4.ドメイン名を選ぶか、下三角形から選びます

WWW付きのドメインをSSL化する

サイト設定の新規設定の続きです。「SSL」の項目で「無料SSL」を選び保存します。www付きドメインのサイトがSSL化されました。

これで「http://www.sample.com」「https://www.sample.com」が存在するようになりました。

.htaccessファイルでそれぞれリダイレクトを行う

下の4つのURLが存在するようになりました。これを「https://sample.com」に統一させます。

http://www.sample.com
http://sample.com
https://www.sample.com
https://sample.com

「sample.com」と「www.sample.com」フォルダにそれぞれ.htaccessファイルを設けます。

「sample.com」フォルダの.htaccessファイルには「http」から「 https」のリダイレクトのコードを書きます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「www.sample.com」フォルダの.htaccessファイルには「http」から「https」へのリダイレクトと「wwwあり」から「wwwなし」へのリダイレクトを書きます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.example\.jp) [NC]
RewriteRule ^(.*) https://example.jp/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

リダイレクトが出来ているか確認する

アドレスバーに入力して確認します。またはリダイレクトチェックツールで確認します。アドレスバーのURLが書きかえれれていれば成功です。

リダイレクトチェックツールでは「リダイレクトはしていません」と表示されていても、アドレスバーのURLが書き換えられていれば成功です。

サポートセンターに「リダイレクト出来ているか」と質問したら、「出来てますよ」と返事を頂きました。なので、私と同じようになっても安心してくださいね。

おわりに

長くなってしまいました。コアサーバーのコントロールパネルは新旧ともに使える状況です。しかし、何か設定するときはどちらも設定するのではなく、新コントロールパネルだけ、旧コントロールパネルだけで設定します。

新コントロールパネルで設定しても旧コントロールパネルの設定は自動で変わっていす。また新コントロールパネルの方が見やすく分かりやすい設定になっています。「ウェブドメイン」の言葉は新コントロールパネルでは出てきません。こういう時にマニュアルがしっかりしていれば、もっとスムーズに設定ができると思うのですが・・・。

マニュアルが充実しているのはさくらインターネットです。レンタルサーバーを選ぶ際は料金以外にもマニュアルの詳しさ、よくある質問が充実しているかどうかで選びましょう。

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました