さくらインターネットのコントロールパネルからWordPressのアップデートはしてはいけない

スポンサーリンク
注意:コントロールパネルからのアップデートしないHP作成

ぎゃー、データベースが確立できていないってどういうこと?

いや~、驚きました。

今回はさくらインターネットのレンタルサーバーを契約していて、WordPressをインストールしている人に読んで欲しい記事です。

  • さくらインターネットのレンタルサーバーを契約している人
  • WordPressをインストールしている人
  • WordPressをアップデートしようとしている人
  • さくらインターネットの旧コントロールパネルを使い続けている人

WordPressのアップデートは旧コントロールパネルからしてはダメですよ、というお話しです。

旧コントロールパネルからWordPressをアップデートしてはいけない

さくらインターネットの旧コントロールパネルでの話になります。新コントロールパネルではアップデートするボタンがありませんので安心してください。

旧コントロールパネルの運用に便利なツールのクイックインストールをクリックすると、インストール済みの一覧にWordPressをインストールした情報が載っています。そこに現在のWordPressのバージョンよりも低いWordPressがインストールされている場合は「アップデート」と表示されています。

さくらインターネットの旧コントロールパネルでのWordPressの詳細

画像のアップデートからWordPressをアップデートするには注意がいります。以下の人は絶対にしないことをおすすめします。

  • WordPressのアドレスを初期設定から変えている人
  • プラグイン「SiteGaurd」を入れている人
  • データーベースを触るのが苦手な人

こういう方は、ここからアップデートするとパニックになります。私がそうでした・・・

旧コントロールパネルからアップデートすると

旧コントロールパネルからアップデートすると、ホームページが表示されなくなります。その代わりに、「データベース接続確立エラー」が表示されます。

ホームページが表示されない

クイックインストールの詳細にある管理画面URLからログイン画面にアクセスしようとすると、「データベース接続確立エラー」が表示されます。

クイックインストールのWordpressの詳細にある管理画面URLからアクセスするとデータベース接続確立エラーになる

お気に入りに保存しているログイン画面のURLからアクセスすると、「404 Not found」が表示されます。

ログインする方法

「wp-config.php」ファイルを編集してアップロードします。やりかたは以前書きました「Wordpressでログイン無限ループに陥った場合」のwp-config.phpの編集に書いてありますので参考にしてください。

その後、管理画面URLをクリックします。そうするとログイン画面が表示されます。

ログイン画面

パスワードは直近のパスワードが使えます。

プラグインが初期化されている!

私はセキュリティ対策にプラグインのSiteGuardをインストールしています。SiteGuardの設定は文字認証を行っています。でも、これには文字認証がありません。

プラグイン一覧表を確認すると、なんとログインが初期化されています。なぜなら、「Hello Dolly!」というプラグインはWordpressをインストールした後、割とすぐに削除したからです。それがある!

初期化されたプラグイン

データ復旧を行う

これは、もう一度やり直すには手間がかかります。なので、データ復旧を行いました。新コントロールパネルのWebサイト/データのバックアップから復旧を行います。

新コントロールパネルのWebサイト/データのバックアップからデータを復旧する

5分くらい経つとデータの復旧が行われます。プラグインのほとんどが無効化されてるので有効化します。

あと、管理画面の設定にある一般設定のWordpressのアドレスがグレーになって固定化されていますので、気になる方はwp-config.phpファイルを修正します。

以上で、復旧できます。復旧できますが、くれぐれも旧コントロールパネルからのアップデートは止めましょう!

新コントロールパネルにはアップデートするボタンやリンクがありませんから大丈夫です。これを機に新コントロールパネルを使うことを徹底しましょう!!

新コントロールパネルにはWordpressのアップデートボタンはない
HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました