スポンサーリンク

Photoshop Elementsで点線を引きたい!点線の作り方

点線を引くキャッチアイ画像HP制作

Photoshop Elementsには点線のメニューがありません。
点線は引けないのですか?

今回はPhotoshop Elementsで点線を引きたい人への記事です。

残念ながら点線はメニューにありません。でも、今回お伝えする方法で点線を引くことができますよ。

Photoshop ElementsはPhotoshopの廉価版なので機能が制限されています。私はアカデミック版でPhotoshopを使っていたことがあります。だけど、Webデザイナーやイラストレイターでもないので、機能を持て余していた感があります。

私はPhotoshop Elementsでも十分ホームページやブログを楽しめる!と思っています。他にもPhotoshop Elementsの使い方を紹介していますので、併せて読んで頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

Photoshop Elementsで点線を引く方法

点線の見本

Photoshop Elementsで点線を引く手順

まずは、手順です。

  1. Photoshop Elementsを開く
  2. 新規作成または画像を開く
  3. 好きなカラーを選ぶ
  4. 描画の「ブラシ」ツールをクリックする
  5. ツールオプションの「ブラシ」で好きなブラシを選ぶ
  6. ツールオプションの「ブラシ設定」をクリックする
  7. 間隔を200~300%に変更する
  8. ラインを引く

次は、上記の4番から説明しますね。

描画の「ブラシ」ツールをクリックする

Photoshop Elements画面左の描画の中からブラシツールを選択します。「鉛筆ツール」だと出来ませんので間違えないでくださいね!

ブラシツールを選ぶ

ツールオプションの「ブラシ」で好きなブラシを選ぶ

Photoshop Elementsの画面下の部分をツールオプションといいます。ブラシの横にある下三角形から引きたいブラシを選びます。

今回のテーマは「点線」なので、「四角形のブラシ」を選びます。サイズも12PXを選びます。

ツールオプションからブラシの種類を選ぶ

ツールオプションの「ブラシ設定」をクリックする

次に、ツールオプションの「ブラシ設定」をクリックします。

間隔を200~300%に変更する

「ブラシ設定」を開くと、ブラシの詳細設定ができます。「間隔」のパーセント数を大きくすると、ブラシの間隔があいて点線になります。

ブラシ詳細設定の間隔を200~300%にするといいよ

間隔のパーセントのイメージは画像のようになります。100%だったらブラシのすく隣にブラシが来ます。なので、100%までは普通の直線ということになりますね。200%だったら、ブラシの1つ飛びに次のブラシが置かれます。私は300%前後がちょうどいいと思います。お好みで設定してください。

ブラシの間隔のイメージ

ラインを引く

以上の設定で、点線がひけます。

もし、丸がいい人はブラシの種類を変えます。他にも星形にしても可愛いと思いますよ。

色々な点線

Photoshop Elementsは使いこなせば、本家のPhotoshopに負けない能力を発揮します。写真しか編集できないような名前ですが、イラストも書けますよ。

星形の点線は可愛いわ!私もいろいろやってみるわ。

ペライチでは可愛いラインが無料で使えます。ホームページの印象が変わりますね。

ホームページに点線を載せるのが面倒だな、もっと簡単にできないかなと思う方はペライチもオススメですよ。無料だと1ページでカラーのバリエーションがありません。有料はレンタルサーバー代くらいでを借りずに、しかもHTMLやCSSなど難しいことが分からなくてもホームページを持つことができます。

「面倒くさいのはイヤ!」という方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 ペライチ

タイトルとURLをコピーしました