初心者のためのGoogle Anlyticsの基本的見方と使い方

スポンサーリンク
光:アナリティクスについて神社サイト運営

Google Anlyticsって何?どう使うの?

「一体、Anlyticsってどう読むの?」って方もいらっしゃると思います。私もPVってプロモーションビデオかなんかだと思っていました。

今回はグーグル アナリティクス(Google Anlytics)のここだけ見れば「十分!」という箇所を説明します。

グーグル アナリティクスについて

グーグルアナリティクスは無料で利用できるアクセス解析です。ホームページにどのくらいの人が訪れて、どのくらい滞在したのか、どこのページを見たのかなどが分かります。

グーグルアカウントを持っていれば簡単に登録できますよ。後ほど説明します。

アナリティクスとサーチコンソールとの違い

アナリティクスサーチコンソール
ホームページに訪れた人の行動を知ることができるホームページがグーグルに検索されやすいようになっているかどうかが分かる
SEO外部対策SEO内部対策
ホームページに訪れた後のデータホームページに訪れる前のデータ
魅力手的なサイト作りに役立つ検索サイトに載るために役立つ

アナリティクスとサーチコンソールの違いをまとめてみました。なんとなくでも伝わるでしょうか?

詳しくは、外部リンクですがバズブログ「サーチコンソールとアナリティクスの違いをちゃんと理解できてる?」を読んでみてくださいね。

アナリティクスの見方

アナリティクスはインターネットエクスプローラー意外で見ることをオススメします。理由は、時々上手く表示されないし、メニューが出てこないのです。見たい数値のページをお気に入りに入れてそこだけ確認してもいいと思います。

さて、よく分からない用語が登場しますが、ざっくり理解で十分です。まずはチェックする画面です。次の3ページは見るといいですよ。

  • ホーム
  • ユーザーサマリー
  • 行動サマリー

「ユーザーサマリー」か「行動サマリー」をプリントスクリーンで画面コピーすることをオススメします。そうすれば、変化が分かって続ける楽しみになりますよ。

画像は私が奉職する神社のホームページです。少ないですね・・・でも、なかなかリアルな数字で参考になるのではないでしょうか?

ホーム画面

ユーザーサマリー

行動サマリー

用語の説明

なじみのない言葉が並んでいます。「セッション」「ページビュー数」「直帰率」「離脱率」について、ざっくりですが分かりやすく説明したいと思います。これらの言葉が分かれば、あとの言葉は意味をつかめると思います。

セッション

ホームページにアクセスしてする一連の操作です。

例えば、Aサイトをみます。aページ、bページ、cページを見ます。この一連の流れをセッションといいます。人によっては10ページ見る人、1ページのだけ見る人といますが、どれも1セッションです。

セッションは30分間は有効なので、30分内にもう一度Aサイトに訪れても1セッションです。31分後にAサイトに訪れれば、2セッションと数えます。

詳しくはヘルプの「アナリティクスのウェブセッションの算出方法」を読んでみてくださいね。

ページビュー数

単純にページが表示された回数の累計です。これが「PV」です。どのくらいそのサイトは人気があるか指標になります。

たまに100万PVとかって聞きませんか?100万だと1日3万3千回以上ホームページを見てもらった計算になります。

小さな神社の場合は、まずは1万PVを目指しましょう。

直帰率

直帰率は最初の1ページ目で、今見ているホームページから去った人の割合です。ちなみに最初の1ページ目をランディングページと言います。着陸する意味のランドです。

直帰率の目安です。

金融サービス53%
病院・ヘルスケア54.96%
医療機器・医薬品55.33%
不動産57.47%
コンピューターソフトウェア60.76%
ヘルス・フィットネス関連63%
ITおよび関連サービス64.21%
経営コンサルティング67.49%
平均59.52%

詳しくは「あなたのサイトの直帰率、平均より高い?低い?」をご覧ください。

えっと、私が奉職する神社のホームページの直帰率は「1.28%」となっていますが、どうも間違っている可能性がありますね。・・・今後の課題にします。

離脱率

そのページを去った割合です。直帰率も離脱率の一種です。

「行動サマリー」の離脱率は離脱率の平均値を表しています。行動のサイトコンテンツのすべてのページでそれぞれの離脱率を知ることができます。

直帰率と離脱率の違い
直帰率離脱率
ウェブサイトに訪問した全セッションのうち、ランディングページで次のアクションを何も起こさずにウェブサイトから離脱したセッションの割合特定のページの総PV数のうち、そのページでユーザーがウェブサイトから離脱した回数の割合
セッションの割合PVの割合

直帰率と離脱率の違いはこちらが分かりやすくいですよ。

アナリティクスの使い方

アナリティクスに慣れるまでの使い方を紹介します。

  • 「ホーム」を眺める
  • 「ユーザーサマリー」でユーザーを知る
  • 「行動サマリー」でページの傾向を掴む

数字を大きく掴むだけで十分です。「ホーム」画面はほとんど一瞬で終わります。

「ユーザーサマリー」でユーザーを知る

「ユーザーサマリー」では、新規ユーザーはどのくらいで、どのくらいページを見て、1セッションの長さを知ります。

画像の場合、新規ユーザーが圧倒的に多く、2~3ページを40秒で見て去って行く人が多いことが分かります。何か調べ物をしているのかな、あまり当社には興味がないのかな、心に刺さるような記事がないのかな、などと感じます。

「行動サマリー」でページの傾向を掴む

「行動サマリー」では、どんなページに人気があって1ページにを見る時間を知ることができます。

ホームページのURLが3番目だったので、神社には興味がないかもしれない。調べ物しているな、セッション時間が40秒で、ページの滞在時間が30秒だから、ほぼ2ページ目で去って行くのだな、読んでほしいページは読まれていないな、などと掴みます。

アナリティクスの活かし方

なんとなく掴んだら、こんどはそれを活かします。

  • 読んで欲しいページのリンクを貼る
  • 30秒くらいで読めるページにする
  • 滞在時間くらいで、次を読んで貰う工夫をする
  • 画像を所々入れる
  • 調べ物の答えを載せない

などと思いついたことを、実際にやってみます。そこで数値が変わったらそれは成功だし、下がったら戻します。1度記事を書いたら終わりではなくて、試行錯誤してもっといい魅力的なサイト作りをしていきます。

神社サイト運営
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました