スポンサーリンク

Snapupでバックアップの取り方とリニューアルサイトを公開する方法

SnapupとはHP制作

そろそろホームページのリニューアルを考えています。今のサイトを表示させたままで、どうやって新しいホームページを作ったらいいんでしょうか?

今回は、ホームページのリニューアル作業に役立つ「Snapup」の紹介です。あなたのサイトがWordPressで作られているのなら、この機能を試す価値はあると思いますよ。

私が使ってみてオススメだったので、自信をもってオススメします。Snapupは各レンタルサーバーが提携している場合がありますので、ご自身のレンタルサーバーは提携しているかどうか確認してみてくださいね。Snapupで直接借りることもできますよ。

Snapupを使えば、新しくドメイン設定やサイト設定をする必要はありません。しかもバックアップが出来るという優れものです。簡単な設定でリニューアル作業を始めることができます。またリニューアルしたホームページの公開はクリック一つで済むようになっていますよ。

ぜひぜひ、試してみてくださいね。
それでは、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

Snapupとは何?

SnapupはホームページをSnapUpのサーバーに丸ごとコピーして、リニューアルやバージョンアップに不具合はないかテストできるサービスです。テストしたいときだけ借りられるレンタルサーバーです。

Snapupを使う場面は

  • リニューアル作業のとき
  • プラグイン同士の相性チェック
  • アップデートの不具合チェック
  • もしも、のときのバックアップ

Snapupを使えば、本サイトを触らなくてもリニューアル作業ができる

リニューアル作業のアレコレ

  • つくりかけを他人に見られる
  • 大切な情報をうっかり公開してしまう
  • 問い合わせの機会を失う
  • プラグイン同士の不具合で復旧が面倒
  • 0からリニューアル作業は手間と時間がかかる

リニューアル作業はできたら、オフラインで行いたいものですよね。

リニューアル作業をオフラインで行えば、作業中を人に見られることはありません。作りかけのホームページを見せることによって、大切な情報を公開してしまう恐れがあります。また、作業中のためお問い合わせを頂く機会を失う可能性もあります。

いつも使っているレンタルサーバーでリニューアル作業することも、もちろんできます。ただちょっと面倒です。

WordPressをつくった時を思い出してみてください。別フォルダを用意して、データーベースを作って、サーバーにWordPressをインストールして・・・って、正直、面倒くさいですよね。

Snapupを使えば、リニューアル作業のアレコレを解決することができます。サーバーに反映されれば、本サイトと同じ条件からリニューアル作業をスタートできます。

しかも、本サイトを触るのではないから、ホームページがおかしくなる心配はありません。

Snapupの2つの大切な概念

Snapupを使うに当たって、大切な2つの概念があります。それは、「スナップショット」「ステージングサーバー」です。

スナップショットとは、バックアップを取った時点のホームページを構成する全てのファイルをバックアップすることです。ホームページを構成するファイルはHTMLやCSS、JavaScriptをはじめWordPressのファイルやデーターベースまで全てコピー&保存します。

ステージングサーバーとは、本番と同じ環境を作ることができるサーバーをいいます。テスト用のサーバーです。

この2つを詳しく知る必要はありません。この知識レベルで十分にSnapupを使うことができるので、大丈夫ですよ。

Snapupの使い方

ここからは、Snapupの使い方です。Snapupは各レンタルサーバーと提携している場合がありますので、ご自身のレンタルサーバーを確認してみてくださいね。

さくらインターネットのレンタルサーバーでは、スタンダードプランからSnapupを利用することができます。ロリポップ!の場合は別途契約が必要です。

私はさくらインターネットのレンタルサーバーを利用しているので、説明はさくらインターネットのレンタルサーバーとなります。ご理解くださいね。

さくらのレンタルサーバーの「バックアップ&ステージング」について

さくらインターネットのレンタルサーバーでは、「バックアップ&ステージング」として、Snapupを利用できます。

スナップショットのことをバックアップと呼んでいます。設定をすれば定期的にスナップショットをしてくれるので、ぜひ設定した方がいいですよ。

今回は、リニューアル作業においてのSnapupの使い方なので、バックアップの設定については割愛させて頂きます。さくらインターネットのバックアップの手順のマニュアルはこちらです。

マニュアルにも書いてありますが、注意事項があります。

さくらインターネットのマニュアルより

WEBフォントが使えません。さくらインターネットのWEBフォントのプラグインが反映されません。なので、本番サーバーへリリースし終わってからの確認になります。フォントはイメージを左右するので、ちょっと残念ですね。

また、ステージング環境は90日間と制限があります。Snapupを直接借りる場合は7日間です。期限があるので忘れないようにしてくださいね。

Snapupを始める準備をしよう

まずは、さくらインターネットのレンタルサーバーのコントロールパネルにログインします。
次に、Webサイト/データからバックアップを選びます。

さくらインターネットのレンタルサーバーのコントロールパネルの画像
コントロールパネルからWebサイト/データのバックアップを選ぶ

バックアップ&ステージングの利用の「利用開始」をクリックします。

Webサイト/データのバックアップの画像
利用開始をクリックする

少し待つと画面が変わるので、「バックアップ」をクリックします。

*ちょっとやり方がうろ覚えですが、ステージングサーバーを用意する場合はいきなり「Snapup」をクリックしても大丈夫だと思います。

バックアップ作成ボタンの画像
バックアップ作成ボタンをクリックする

これで、Snapupを使い始める準備ができました。次に、ステージングサーバーを作成します。

ステージングサーバーを作成する

「Snapup」のボタンをクリックします。
次の画面が出てきたら、「ステージングサーバーを作成する」をクリックします。

ステージングサーバーの設定画面
ステージングサーバーの設定をする

ステージングサーバー名を任意で決めます。その他、現在使用しているバージョンに設定します。設定が終わったら、「追加」をクリックします。

スナップショットをステージングサーバーにセットする

ステージングサーバーはまだデータがない空状態です。ステージングサーバーにスナップショットしたデータをセットします。

スナップショットを撮るホームページの名前を入力します。

サイトを追加する画面

次に、スナップショットを撮ります。

スナップショット作成中の画面

先ほどバックアップしたデータがあると思います。もし、なければ「スナップショットを追加・作成する」をクリックします。

スナップショットを追加するボタンの位置
スナップショットを追加・作成するをクリックする

スナップショットの名前は自分が分かればいいので、適当で良いと思いますよ。

スナップショットのコメントを適当に入力する

無事にスナップショットが撮れました。

スナップショットが追加されました

スナップショットでエラーが出る場合、次のことを確認してくださいね。

  • 容量が大きすぎる:30GBまで
  • ファイル数が多すぎる:50万ファイルまで
  • パーミッションの権限がない:755または705などにする
  • WordPressアドレスとサイトアドレスが異なる

リニューアル作業をはじめよう:WordPressのダッシュボードへログイン

認証情報を確認し、メモをとります。Snapupの管理画面で右側のステージングサーバーの欄に「心証情報を確認する」をクリックします。

ステージングサーバーの画面
認証情報は赤枠のところをクリックします。

ステージングサーバーのサイトを開きます。アドレスバーのURLの後ろに「wp-admin」等を入力します。ステージングサーバーの認証がありますので、アカウントとパスワードを入力します。WordPressのダッシュボードにログインします。

Snapupの認証画像
WordPressのダッシュボードにログインする前にはSnapupの認証が必要

もし、プラグインのJetpackを利用している場合、ロックがかかるかもしれません。ロックがかかった場合の解除方法は「Jetpackのログインロックを解除する方法」で説明しますね。

Jetpackがログインロック
Jetpackがログインページをロックしました

無事にログイン出来たら、「セーフモード」を選ぶか、無効化しておきます。

リニューアル作業の終了後、本番サーバーに移行する

リニューアル作業が終わって、いよいよ公開することになりました。さくらインターネットのマニュアル通りに行えば、何の問題なく公開できますよ。

  1. ステージングサーバーのスナップショットを作成する
  2. 作成したスナップショットをクリックする
  3. 本番サーバーへリリースをクリックする
  4. 「サイトURLをリリース先に合わせる(既定)」を選び「OK」をクリックする
  5. 数分で設定が終わる

リニューアル作業を行ったら、通常と同じように「スナップショットを追加、作成をする」をクリックします。「ステージングサーバーから取得」をクリックします。

スナップショットと撮るサーバーの選択画面
青色ボタンの「ステージングサーバーから取得」」をクリックします。

青枠がステージングサーバーで赤枠が本番サーバーです。先ほど取得したスナップショットを選びます。

青枠でSTAGING SEVERと書かれたスナップショットをクリックする

クリックすると画面が展開されます。「本番サーバーへリリース」を選択します。

本番サーバーへリリースボタンの画像
赤いボタン「本番サーバーへリリース」をクリックします

スナップショットのURLを書き換えるかどうするかを聞かれますので、既定の「サイトURLをリリース先にあわせる」をクリックします。

あとは、完了するまで待ちます。お疲れ様でした!

「サイトURLの書き換えを行わない」にすればサイトの引っ越しにも使えます。

さくらインターネットのレンタルサーバーのマニュアル画像
URLを変えなければサイトの引っ越しにも便利

私が失敗したダメな例

ダメな例です。私がなんどもやってしまった例です。

リニューアル作業をはじめた時に撮ったスナップショットを本番サーバーへリリースしていました。

「本番サーバーへリリースする」をクリックすれば、何もせずに移行できるはずです。なのに、なんで?と思って、しつこく同じ事を繰り返しました。何度やっても旧サイトが表示されます。せっかち過ぎたかなと思って30分ほど間をあけてみても旧サイトのままでした。

それで、マニュアル通りに行ったら、すぐに出来ました。初めからマニュアルを見ながら行えば問題なかったですね・・・。

リニューアル作業をはじめた時に撮ったスナップショット(赤枠でPRODUCTION SERVERと成っている方)では、ただのバックアップの復旧です。リニューアルできてなくて当然です。

みなさんはちゃんとリニューアル完成のステージングサーバーのスナップショットを本番サーバーへリリースしてくださいね。

ホームページをそっくりそのままコピーして、テスト用のサーバでリニューアル作業ができるなんて便利ですね。しかも、公開も簡単だから、出来そうな気がします。

タイトルとURLをコピーしました