アクセス数が劇的に伸びる、ちゃんと読んでもらえる記事を書く手順

スポンサーリンク
ペン:伝わる書き方神社サイト運営

どうしたら、もっとホームページを見て貰えるのかしら?

そう思いますよね・・・、私もです。下準備として調べた上に8時間も投入して記事を書いてもちっとも読まれていないってことは良くあります。

今回は、読んで貰える記事の書き方について解説します。ブログと収入が密接なアフィリエイターさんの書き方(ライティング)の勉強になります。あなたが良く読む人のブログもどんな書き方なのかな?と意識しながら読むといいですよ。

読んでもらえる記事を書く手順

記事を書く手順は次のようになります。

  1. キーワードを考える
  2. 読んでくれる人を想像する
  3. 結論をシンプルに考える
  4. タイトルを決める
  5. 記事の構成を考える
  6. 構成に肉付けをする

なんだか面倒くさいって思いますか?

そうでもないですよ。1.2.3.5は割と需要です。記事がスッキリと伝わりやすいですし、自分の頭もスッキリ整理されます。いきなり書き始めないで、せめて1~3は考えてから書き出すことをオススメします。

キーワードを考える

正直言って、どんなキーワードでもいいです。ホームページは神社の宣伝という目的ですが、それよりも、神様の御神徳を世の中に広めることだと思います。だから、なんでもいいんです。

でも、それだと読んで貰えない。読んでくれる人が興味を持つ、持ってくれるようなキーワードを選んで、そこに神社の方針や伝えたいことをこっそりと忍ばせる、という感じで記事を書きます。

例えば、「大祓」について書こうと思います。

次に検索サイトで「大祓」と入力します。そうすると、「大祓」の言葉以外に候補がでます。それを見ると、「大祓 人形 処分」「大祓祭」「大祓式」という言葉がでています。

また、実際の検索結果を見ます。

そうすると、自分が書こうとする方向性が決まります。また上位のサイトを知ることができ、これらのサイトに勝つ気力、心意気はあるかどうか確認します。

読んでくれる人を想像する

読んでくれる人はどんな人か想像します。ざっくりでいいです。読んでくれる人が決まれば記事の設計ができます。

  1. 問題提起:読んでくれる人の悩みや問題を考える
  2. 結果の明示:記事を読むとどうなるのか考える
  3. 結果の根拠:結果の根拠を考える

私の場合はとてもざっくり考えています。

「大祓」の例で考えると、
1.「大祓」って何なの?ルーツは?
2.なるほど、だから大切なのね!
3.本の紹介や歴史、大祓詞の意味や私なりの解釈を伝える

こんな感じです。細かく考えられる人は考えてください。こういう人は記事を書くのに向いていますよ。

結論をシンプルに考える

先ほどの例でいうと、読者に「なるほど、だから大切なのね!」の次の行動になります。

  • 当社の大祓式にどうぞいらっしゃい
  • 大祓詞を読んでみましょう
  • 自分でできる大祓を教えますよ?
  • 日々の生活態度が大事なんですよ
  • 神様はすごいんですよ、拝みましょう。

こんな感じでしょうか?

もう一度いいますが、あなたはあなたの神様の御神徳を広めるために記事を書いています。別に個人で書いているのなら、「だから大切なのね!」止まりでも大丈夫ですが、どこかの神社に所属して書くなら、やはり次の行動がしたくなるような記事をかくべきだと思います。それにその方が読者のためにも、もっと大祓が身近になるのでいいと思いますよ。

タイトルを決める

検索順位1位2位です。どちらも有名です。

私が奉職する神社は超超超超・・・・超弱小神社です。小さな神社がSEOで同等に行くには、工夫が必要です。魅力的なタイトルをつけなくてはなりません。

それに、せっかく検索サイトでタイトルが32文字表示されるので、しっかり文字数を使った方が、読んで欲しい人に伝わります。

32文字使って、伝えたいことが伝わるタイトルを考えましょう!

記事の構成を考え、肉付けをする

  1. 問題提起:読んでくれる人の悩みや問題を書く
  2. 結果の明示:記事を読むとどうなるのか、どんな結果か導かれるか書く
  3. 結果の根拠:結果の根拠を説明する
  4. 行動:読者の行動を促す

一時、記事は長文がいいとされていました。結論が見えない記事を読みたいと思いませんよね?

私は結論は記事の導入部で書く時もありますし、タイトル読めば大体内容が分かるようにしています。

2000文字いかなくてもいいんで、読んで欲しい人にちゃんと言いたいことが伝わる記事を書くことをおすすめします。ちなみにこの記事は1878文字です。

manablogでライティングやこんな人生があるんだなと勉強させて頂いています。あなたのホームページが劇的にかわるチャンスがありますよ!

神社サイト運営
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました