【サイトヘルス勧告】imagickがインストールされていないか、無効化されています

スポンサーリンク
警告:imagick問題についてHP作成

なんか改善しろってメッセージ出てるけど、imagic?何それ?

わかります、わかります!私もそうですもの・・・。私も出てましたので、この改善策をお伝えしますね。私のサイトヘルスの改善前の画像です。

この「recommended improvement」はエラーメッセージではないので、放っておいても大丈夫です。

今回は「1つ以上の推奨モジュールが存在しません」「imagickがインストールされていないか、無効化されています」について解説していきます。imagickを有効化するかどうかはご自身でお考えください。

その前に結論をいいます!

私はさくらインターネットコアサーバーでサイトの運用をしています。このimagick問題は注意が必要です。さくらインターネットでは有効化しても問題ありませんでした。

一方の、コアサーバーでも有効化は可能です、ただPHPのバージョンを下げるため、そちらの方が問題が大きいと思います。なので、私はコアサーバーでの有効化はおすすめしません。

imagickについて

imagick問題

「一つ以上の推奨モジュールが存在しません。」の横の下向きの三角をクリックすると詳細が表示されます。下の画像です。

リンク先のチームのハンドブックの「PHP 拡張機能」にimagickの説明が掲載されています。

imagick – メディアのアップロードに対して、より良い画質を提供します。詳細についてはWP_Image_Editor着信を参照してください。ゴーストスクリプトも利用可能な場合、よりスマートな画像のサイズ変更(小さな画像の場合)とPDFサムネイルのサポート。

リンク先の「WP_Image_Editor着信」を見ると、分かりそうでサッパリ分からない日本語です。(詳しい人なら分かると思いますが、どうも今回のテーマには関係ありません)

モジュールとは

モジュールとはあるプログラムのパーツと捉えてください。パーツだけでも動きますが何かの部品として働きます。

imagickとは

imagickについての情報はサイトヘルス情報/メディア処理で知ることができます。

imagickに似た「imageMagick」という文字を見つけることが出来ると思います。これは画像処理ソフトでWordpressの編集画面やアップロードに利用できるソフトです。画像をアップロードすると、色々なサイズの画像やサムネイルが作られます。これを動かすのかimagickになるんです。

GDとは

でも、現在のWP_image_Editor_GDが働いているので、とりあえずimagickがなくても問題ないのです。なので、気にならない方はこのままでも大丈夫ですよ。

GDもimageMagickと同じ画像編集ソフトです。参考にしたサイトによると、GDの方が早い処理でPDF画像のサムネイルを作くります。

▶ PHPのimagickモジュールをインストールすることの利点
▶ 「GD vs ImageMagick」PHPで画像加工性能比較

対処法

対処法は、基本php.iniファイルに「extension = imagick.so」と書き込めばOKです。=の前後に半角スペースが入りますよ。

php.iniファイルはPHPのルールが書かれたファイルだと思ってください。なのでWordpressが入っているディレクトリ(フォルダ)より上位か別のディレクトリにありますよ。

ただ、レンタルサーバーによってアクセス出来る階層が決まっていますので、php.iniファイルに書き込む方法が違います。

それでは、さくらインターネットコアサーバーの対処法を説明しますね。

設定が終わったら、Wordpressのサイトヘルス画面に戻って確認してください。すぐに反応します。

ただ、私の場合はブラウザ上の「更新」を押しても消えず、途中で飽きました。一度休憩してしばらく経ってから、再度Wordpressにログインしたら「一つ以上の推奨モジュールが存在しません」が消えていました。

さくらインターネットの場合

旧コントロールパネルの場合

1.コントロールパネルの左にある「アプリケーションの設定」「PHP設定の編集」を選ぶ

2.「extension = imagick.so」と入力して、保存する

新コントロールパネルの場合

1.コントロールパネルの左の「スクリプト設定」「php.ini設定」を選ぶ

2.「extension = imagick.so」と入力して、保存する

▶ imagickがインストールされていない、の解決方法【WPサイトヘルス】

コアサーバーの場合

コアサーバーのimagickについて載っているマニュアルはこちらです。

WordPressのフォーラムの「モジュールimagickのインストール」がとても参考になりました。質問者さんも私と同じくコアサーバーを利用しています。その方がコアサーバーにお問い合わせした回答がごちらです。

こちらを踏まえて、変更します。

1.コントロールパネルの左の「サイト設定」を選びます
2.運営するドメインを選びます
3.「サイト設定の変更」ボタンをクリックします
4.PHPのバージョンを「php71」にします

5.×で画面を閉じたら、少し下の「net2ftp ファイルマネージャー」ボタンをクリックします
6.「root/public_html/.fast-cgi-bin」の階層を表示します

7.「php71.ini」ファイルを選び「編集」をクリックします
8.最後の列に「extension = imagick.so」を入力し、フロッピーマークを押し保存します

以上で変更は終わりです。

その結果・・・・

ダッシュボードに警告がでました!

サイトヘルスの詳細です。

このようになります。なので、imagick問題にこだわらなくてもいいと思いますよ。

私は設定を元に戻しました!


 

コアサーバー小サイズ

コアサーバー

分かりやすい、使いやすいコントロールパネルです。メールで問い合わせをしたましたが、対応も早く分かりやすい説明でした。

プランCORE-MINI転送量無制限
1ヶ月の利用料381円MySQL10個
1年間の利用料2381円サポート体制メール・チャット
初期費用無料バックアップなし
容量60GB(SSD)お試し期間30日

コアサーバーのサブドメインは10個使えます。自動バックアップはありませんが、Wordpressのプラグインを使えばバックアップできます。

コアサーバーを使っている人があまりいないような感じがします。でも、他のレンタルサーバーにひけを取らない良いサーバーだと思いますよ。

 

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました