Jimdo(ジンドゥー)は本当にありえないほど簡単なのか?

スポンサーリンク
ぱそこん:ジンドゥーAIビルダー作成する前に

ホームページを持つのが夢なの!でも、作れるかしら?

今回はそんなお気持ちに添いたいと思います。

ホームページがほとんど出来ていて後は文字を変えたり、文章を変えればOKなホームページのサービスがあります。今回はそんな申し込んだらすぐにホームページを公開できるサービスの中からジンドゥー(ジンドゥー)についての記事です。

Jimdo(ジンドゥー)について

Jimdoは初心者からネットショップをしたい人まで対応している

ジンドウのトップページ

ジンドゥーは株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが運営しており、国内の170万サイトがJimdoを利用しています。2007年にドイツで始まり、2009年に日本に上陸しました。

Jimdoには「AIビルダー」と「クリエイター」の2つのサービスがあります。ありえないほど簡単にホームページができると言うだけあって、「AIビルダー」はパソコンに慣れていない人向きでスマートフォンでも作成・運営ができます。

しかも、わからないことがあれば全国にあるJimdoCafeに相談できます。メールや電話のサポートはあります。でも、わからないことを文章にするほど難しいことはありません。わからないことを対面でサポートしてくれるのは嬉しいです。

「クリエイター」はコードがわかり、本格的にホームページを自分で運営したい人向きです。

Jimdoの印象

今回は初心者でも簡単にできる「AIビルダー」のプランを比べてみました。

無料だとちょっと少ない印象ですね。また、帯域幅は転送量と考えていいと思います。あまり急なアクセスに耐えられないのかな、という印象をうけます。独自ドメインが使えないので、メールが使えないのは残念です。

料金は月額で書きましたが、年額請求になります。なので、Jimdoは予算の合う人か、初心者さんがむくサービスだと思います。

プランGROWSTARTFREE
サーバ容量15GB5GB500MB
ページ数50ページ10ページ5ページ
帯域幅20GB10GB2G
常時SSLありありあり
メールありありなし
独自ドメイン使用可使用可使用不可
アクセス解析ありありなし
料金月額1590円月額990円無料
ジンドゥーAIビルダーのプラン

JimdoAIビルダーの使用感

「AIビルダー FREE」を使った、私の感想です。

  • 感覚的にできる
  • テンプレートがおしゃれ
  • テンプレートの写真が使える
  • ネットショップが楽に運営できる
  • 機能の制限が多い
  • ブログも持てる
  • 思ったよりもオススメ
  • 推奨ブラウザがIEが外れている
  • 広告が少ない

指一本でホームページ作成ができます。なので、「感覚的」に慣れるまでは、これは何なの?と操作に戸惑います。でも、感覚をつかめるとサクサクできますし、変更が楽しくなります。

テンプレートの写真が使えるのは魅力です。いちいちホームページにあった写真を撮ったり探したりするのが面倒な人は写真を買えない方がホームページの印象を変えないですみます。

Jimdoのテンプレートはおしゃれ

おしゃれで使いやすいテンプレートが多いです。

サーバ容量は500MBは妥当

無料プランはサーバの容量が500Mで5ページまではホームページをもてます。5ページはホームページの部分です。なので、5ページのホームページとブログを、ネットショップを持つことができます。

サーバー容量は一般のレンタルサーバとは違うと思ってください。レンタルサーバーの場合はWordPressをインストールしなくてはなりません。しかもWordPressやプラグインの容量を含めたサーバー容量になりますが、Jimdoの場合はテンプレートは含まれません。

サーバ容量は基本設定メニューの中にあります。

簡単なページを4枚とブログを1記事書いた、現在のサーバ使用量です。2MBですよ。通常ホームページの1ページあたりは1~2MBとされています。注意して頂きたいのが、サーバ容量とページの容量は違うということです。

重たい写真を載せない限り、1年でサーバ容量がいっぱいにはなりません。ただ、気にしながら使うのが嫌な人は上位のプランに変更しましょう。

Jimdoが向くタイプの人

残念ながら独自ドメインは有料プランから使用できます。有料プランで独自ドメインを取得すれば一年間無料で使用できます。もし解約したいときは、解約の1ヶ月前に申請すれば移転することが可能です。

めんどくさいことをしたくない人に向く

Jimdo AIビルダー
START
コアサーバー
COEREーMINI
さくらインターネット
スタンダード
サーバ容量5GB60GB100GB
転送量10GB無制限80GB
月額利用料990円198円524円

コアサーバーとさくらインターネットとサーバ容量、転送量を比較しました。さくらインターネットはWordPressはスタンダード以上が利用できます。3社比較すると、Jimdoが明らかに高く感じます。

でも、これは妥当なのかなと思います。

なぜなら、レンタルサーバでホームページを持つ時のめんどくさいこと、WordPressのインストール、常時SSL化、.htaccessファイルのリダイレクト、SEO対策、アクセス解析、セキュリティ、ネット販売までJimdoに丸投げできるからです。

すでに、WordPressのようなオシャレで使い勝手のいいテンプレートがインストールされています。しかもスマホなら面倒な写真や文章の配置は指一本でできます。重たいパソコンを持ち歩かないで、いつでもどこからでもスマホがあれば更新ができます。

案外ややこしいリダイレクトも設定でできます。SEO対策のために沢山の分析ツールを使わなくて済みます。そうすれば、あちこちのページを見なくて済むので、時間の浪費になりません。

ささっとホームページを公開して、あとはソファに寝転んで記事の更新をするだけでホームページを運営することができます。

幅広い活動を伝えたい人に向く

ジンドゥーはホームページ、ブログ、ショップを一つのホームページにまとめて作ることができます。機能を活かせば御祈願の予約、お守りの頒布も可能になります。

あなたが今までしてきた活動や、これからの行うイベントを載せれば、充実したホームページになります。事例が載っているので、イメージを膨らませると楽しいと思います。

FREEプランでは制限がありますので、自由に機能を使うためには有料プランがいいと思いますよ。

パソコンを持っていなくても、スマホがあればいいのね!
JimdoCafeという勉強会が全国にあるから、安心だわ!!

作成する前に
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました