【WordPress】固定ページと投稿ページの違いと使い方

スポンサーリンク
ノート:固定ページと投稿ページの違いHP作成

固定ページと投稿ページの違いが分からないから、投稿できないわ。

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

いざ、記事を書き始めようとして固定ページと投稿ページの違いがわからなくて、戸惑っている方はいませんか?私がそうでした。WordPressをインストールして固定ページと投稿ページの違いが分からなくて半年間放置しました。今回は、私と同じような人に向けて分かりやすく説明したいと思います。

固定ページと投稿ページの違い

WordPressには記事を投稿する場合2つの機能があります。それが、固定ページと「投稿」(以後、投稿するの投稿と区別するため投稿ページと呼びます)です。

  • 固定ページ・・・ページが独立して存在できるページ
  • 投稿ページ・・・ブログなど一つのテーマでいろいろ書きたいとき

固定ページはページ単体で完結できる内容の場合、投稿ページはブログの様なページを書く場合に使います。画用紙が固定ページ、ノートが投稿ページだと理解しました。ノートは前から1ページごとに書いていきます。書く内容がちがっても、書いた順番は変わりません。

投稿ページは時系列で管理されています。そこにカテゴリーで記事の内容ごとにまとめることができますし、タグで記事を細かくグループ分けします。

固定ページと投稿ページのイメージ

固定ページと投稿ページを投稿する場所

固定ページの投稿する場所

管理メニューの「固定ページ」から投稿します。

固定ページの投稿は固定ページから

投稿ページの投稿する場所

管理メニューの「投稿」から投稿します。

投稿ページは「投稿」から

固定ページと投稿ページはエディタの表示が違い

投稿ページには「カテゴリー」「タグ」の設定がありますが、固定ページにはありません。また、固定ページにはページの属性の設定がありますが、投稿ページにはありません。

「カテゴリー」「タグ」「ページの属性」以外はエディタの見た目、機能は同じです。

固定ページのエディタ

右の文書設定メニューのアイキャッチ画像の下あたりに「ページ属性」があります。

ページ属性は親子関係を指定することがます。それによって固定ページの並び順を決めることができます。また固定ページはページのテンプレートがあります。

固定ページのエディタの

投稿ページのエディタ

右の文書設定メニューに「カテゴリー」「タグ」があります。

カテゴリーを追加したいときは「新規カテゴリーを追加」をくりっくして追加します。またタグは「、(,)」でタグを追加して複数のタグで管理することができます。

固定ページと投稿ページの違い

上記以外にも違いがあります。投稿ページではRSS配信ができるので、更新したことを知らせることができます。また投稿ページでは投稿した一覧表を表示できるのですが、固定ページではできません。

記事一覧

画像は「サイト作成」カテゴリーの記事一覧です。固定ページにはそもそもカテゴリーはありませんので、一覧はできません。またホームページを固定ページに指定しても固定ページの記事一覧は表示できません。

違いを表でまとめます。

固定ページ投稿ページ
特徴ページが独立して存在できるあるテーマでいろいろ書く場合
RSS配信なしあり
記事一覧なしあり
ページの属性設定ありなし
カテゴリーやタブ付けなしあり
時系列で管理なしあり

固定ページと投稿ページの使い方

固定ページはどういうページに使う?

固定ページは神社の案内のホームページに向きます。なので、神社の沿革、御祭神について、御祈願の紹介やプライバシーポリシーは固定ページで投稿します。

投稿ページはどういうページに使う?

投稿ページはブログの様につかいます。例えば、社務所日報や宮司の話など、何回かシリーズがあるような話に向きます。

はじめは感覚が掴みにくいと思います。でもWordPressの場合はテーマをダウンロードするといくつか見本ページもダウンロードされます。SEO対策が施されている【THE THOR(ザ・トール)】などを参考にして作ってもいいかもしれませんね。例えになれば幸いですが、私が奉仕している神社のホームページも参考にして頂けたら嬉しいです。

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました