セキュリティ初心者のためのインターネットとパソコンのセキュリティ対策

スポンサーリンク
インターネットとパソコンのセキュリティ神社サイト運営

ホームページのセキュリティ対策は5つの方面から行うことを、神社サイトは5方面からのセキュリティ対策を考えましょう、と書きました。今回の記事はその中のインターネット環境とパソコンのセキュリティ対策について説明します。インターネット環境とパソコンにしたのは共通した対策となるからです。

記事の内容は以下の3つになります。最後までお付き合いください。

  1. ウィルスや悪意のあるプログラムの感染の仕方
  2. セキュリティ対策
  3. おすすめセキュリティソフトの紹介

インターネット環境とパソコン類のセキュリティ対策

ウィルスや悪意のあるプログラムの感染の仕方

まず、ウィルスや悪意のあるプログラムの感染方法をリストアップします。感染法が分かればその対策が考えやすくなります。

  1. USBなどのメモリから感染する
  2. メールの添付ファイルを開くことによって感染する
  3. 脆弱性を悪用して感染する
  4. ネットワーク経由で感染する
  5. 感染したプログラムから感染する
  6. ワードやエクセルなどの文書ファイルから感染する

悪意のあるプログラムのことを総称としてマルウェアといいます。マルは〇ではないんですよ。Malicious Softwareを略してMalwareとなりました。

それぞれの感染の仕方と対策を説明します。

USBなどのメモリから感染する

USBなどのメモリ(外部記憶媒体)のファイルを開くと感染する場合があれば、セキュリティ対策が十分でないパソコンでは、メモリと接続しただけで感染する場合があります。

USBメモリなど外部記憶媒体を使用する際は、以下のことに気をつけましょう。

  • 自分が管理していないメモリは、自分のパソコンに接続しない
  • 自分が管理していないパソコンには自分のメモリを接続しない
  • 接続後の自動実行機能はOFFにする
  • メモリもセキュリティソフトでスキャンをして確認する

神社の職員が大勢いる場合は特に気をつけて、メモリの使用ルールを神社で決めるといいでね。

メールの添付ファイルを開くことによって感染する

メールの添付ファイルを介して感染を広げるウィルスです。メールの添付ファイルを開くと感染します。送信元が分からない人の添付ファイルには注意しましょう。また、少しでも「怪しい」と感じたら、開かないことです。どうしても開きたい場合は、セキュリティソフトでウィルスチェックしましょう。

サーバーのメールフィルターでウィルスチェックやスパムメールを振り分けることができます。しかし、標的型の攻撃は相手を絞って攻撃を仕掛けますのでフィルターをすり抜ける可能性があります。

それには、怪しいメールを見分ける能力が必要になります。ちょっとしたポイントでぐんと見分けられますよ。

  • 添付ファイルの拡張子を確認する
  • メールアドレスを確認する
  • 件名に無駄なスペースや記号が入っていないか確認する
  • 「怪しい」メールは同じような経験をした人がいないか検索をする

添付ファイルの拡張子が二重になっている場合、テキスト文書なのに.exeや知らない拡張子になっている場合は「怪しい」ので開かないようにしましょう。

脆弱性を悪用して感染する

OSやソフトウエアの脆弱性を悪用して感染します。添付ファイルを開かなくても、メールを見ただけ、ホームページを見ただけでも感染します。

OSやソフトウエアが脆弱性を修正するプログラムを提供したら、必ずアップデート、インストールしましょう。

正直なところ、脆弱性に対するセキュリティはそれしかないようです。そのため自分が使っているパソコンについてどんな脆弱性があるか、どんなソフトを使っているか把握しておくことも大事です。

ネットワーク経由で感染する

これも脆弱性を利用した感染法です。インターネットに接続しただけ、社内ネットワークにつなげただけで感染します。

有線LANよりも無線LANやWi-Fiは危険が潜んでいることを知っておきましょう。無線LANの電波は傍受されやすいので信号を暗号化しましょう。

ファイアウォールを設定して外部からアクセスされない仕組みを構成します。特に個人のパソコンで行うファイアウォールをパーソナルファイアウォールいいます。これはセキュリティソフトでも行う事ができますし、Windowsにも標準で搭載されていますので必ず設定しましょう。

感染したプログラムから感染する

感染したプログラムをダウンロードして、実行することで感染します。これはコンピュータ内のプログラムファイルに感染し、文書ファイルには感染しません。

信用できるサイトからダウンロードするか、または拡張子を必ず確認します。安易に実行しないようにしましょう。

ワードやエクセルなどの文書ファイルから感染する

WordやExcelなどの文書ファイルに備わっているマクロという簡易プログラムに感染します。マクロは処理を自動化するために記述されたプログラムのことです。ドキュメントやテンプレートに感染します。

これも同じく必ず拡張子の確認をしてください。悪意のある人はアイコンはWordなのに、実は実行ファイルだったとアイコンでだます場合があります。

その他気をつけること

セキュリティソフトのインストール

下におすすめセキュリティソフトを紹介しています。そのウチのどれかを活用するといいですよ。セキュリティソフトの設定だけで、ファイアウォールや怪しいサイトの警告や通信の保護、ファイルのスキャン、ファイルの保護などを行ってくれます。

過信してはいけませんが、安心感が違います。パソコンだけではなく、スマートフォン、タブレットにもインストールしましょう。スマホ、タブレットも感染しますし。またパソコンにつなげる場合がありますので、そうなると感染が広がりますので、必ずインストールすることをお勧めします。 

初期設定のまま使用しない

一度確認した上での初期設定のままなら、いいと思います。Webブラウザや各種アプリケーションのセキュリティを高くすれば、その分感染リスクが抑えられます。一度、よく使うブラウザを確認してみましょう。

おすすめセキュリティソフト

ライセンスは一台目をインストールしてからの期間となりますので、注意してくださいね。また、紹介するセキュリティソフトは30日間お試し期間がありますよ。

トレンドマイクロ社「ウイルスバスタークラウド」

【ウイルスバスタークラウド】

無料体験30日あり。一年5720円、3年で13580円。パソコン、スマホ、タブレット3台まで使えます。OSはWindows,Mac,Android,iOSに対応しています。デジタルサポート付きもあり、3年で19690円となっています。

国内シェア1位です。私も使っています。決済用のセキュリティブラウザや危険なサイトを検知します。また、ファイルやUSBにつながったハードディスクも保護してくれるのでランサムウェア対策にも役立ちます。

EAST(イーセット)セキュリティソフト

ESETセキュリティソフト

検出率、軽さ、満足度の高いEASTです。Windows,Mac,Androidに対応しており、1台か5台どちらか選べて5台3年だと9900円(インターネットの購入だと7980円)です。スロバキアで開発されました。

印象ではそれほどウィルスバスターと変わらず、Windowsメインのセキュリティソフトです。5台のライセンスは多くていいですよね。

カスペルスキー

カスペルスキー

パソコン、スマホ、タブレットやOSはWindows,Mac,Android,iOSに対応しています。カスペルスキーも5台までライセンスがもてます。一般家庭なら6台以上のプランもありますよ。

トレンドマイクロ社より性能が分かりやすいホームページになっています。なので、そこが安心感があります。セキュリティキーボードが使えるのでパスワードを盗まれる恐れが少なくなります。

ノートン

ノートン

ノートンは世界で売り上げ1位です。1台、3台、5台とライセンスやプランが細かい設定になっています。3台3年5480円はコストパフォーマンスがいいですよね。パソコン、スマホ、タブレットやOSはWindows,Mac,Android,iOSに対応しています。

パソコンが起動できるところまでシステムを回復したり、オンラインバックアップがありプランによって50GBまで保存できるので安心です。

ほぼセキュリティソフトの導入でインターネット環境とパソコンのセキュリティ対策になります。なので、どのソフトにするか悩んだときは1台1年で購入したらいいと思いますよ。

私も今回、「今まで使っているから」ていう理由はダメだなと感じました。みなさんも、「今まで使っているから」じゃなくて一度見直してみてくださいね。

神社サイト運営
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました