WordPressって何?何ができるの?インストールまで解説します

WordPressとは何?HP作り
スポンサーリンク

WordPressって何?ホームページとどう違うの?

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

  • WordPressって何?
  • WordPressで何が出来るの?
  • どんな場合はWordPressがいいの?
  • WordPressってどうやって始めるの?

WordPressを始めたい人向けに初心者目線でWordPressについて解説したいと思います。WordPress(ワードプレス)はテンプレートを利用するので誰でもプロ並みのホームページを作れるようになるシステムです。ただデメリットもありますので、後ほど解説したいと思います。

目次にはリンクが張ってありますので、気になるところに飛ぶことができます

WordPressについて

WordPressはCMSの1つ

WordPressもホームページです。ホームページと違いはなく、ホームページの種類の一つです。また、WordPressはCMSの中の一つになります。

CMSはコンテンツ マネジメント システムの略です。CMSにはWordPressの他に、Joomla!、Drupal、Concrete5などあります。

インターネットには以前にくらべ、動画や音声、情報、通販など多岐にわたるようになりました。手段が多い方が作り手の魅力を強く伝えることができます。そのため、それらを一つのホームページでまとめて扱えるようにしました。

他にも、ブログとホームページを併せ持つことができます。

ブログは造語です。ウェブ(Web)+ログ(Log)からブログとなりました。ちょっと前まではブログといえば、インターネット上の個人の日記という意味でした。今は投稿した時間軸で記事が並ぶホームページの形式という意味合いが強いようです。

WordPressの特徴

WordPressでは難しいことはプラグインが補ってくれます。また、テンプレートからホームページのデザインを選ぶことができるので、おしゃれなホームページを作ることができます。

  • WordPressはレンタルサーバーにインストールして使う
  • インターネット上でホームページを作る
  • スマホからも投稿ができる
  • 難しいことはプラグインがカバーしてくれる
  • ホームページのデザインは考えなくてもよい
  • ホームページとブログを同時に管理できる

WordPressの日本語サイトはこちらをご覧ください。

WordPressはレンタルサーバーにインストールして使う

WordPressを含めCMSの特徴は、レンタルサーバーにシステムをインストールすることが挙げられます。作業は特に難しいことはなく、各レンタルサーバーはボタン一つでインストールすることができます。

後ほど、コアサーバーでのWordPressのインストール方法を解説しますね。さくらインターネットのレンタルサーバーにインストールする方法は「WordPressのインストール手順【さくらインターネット】」に解説しています。よかったら読んでみてくださいね。

インターネット上でホームページを作る

WordPressでホームページを作る時は、インターネット上で作ります。インターネット上にあるホームページ作成ソフトに繋げて、ホームページを更新します。記事や画像などホームページのパーツはサーバーに直接保存されます。

スマホからも投稿ができる

WordPressはインターネット上でホームページを作成できるので、パソコン以外にもスマホからでもWordPressは更新することができます。または、アプリもあるので外出先や出張先で更新することができます。

難しいことはプラグインを使う

プラグインはホームページやシステムに追加できるアプリケーションです。プラグインを使えば、記事のバックアップを取ったり、写真サイズを最適化したり、お問い合わせや予約表をホームページに追加することが可能です。

プログラムを組めない初心者さんでも、プラグインがあれば自分のしたいことをホームページに追加することができます。

ホームページのデザインは考えなくてもよい

WordPressにはテーマというテンプレートを使ってホームページのデザインを決めます。ホームページのデザインは、業種やジャンルによって分類されており、1000種類以上のテンプレートが自由に使えます。

基本的な見た目がデザインされているので、CSSの知識は必要ありません。また、記事を作成するエディタにはクリックで文字に色を付けたり、文章に囲み線を付けることができるので、全くホームページのに必要な知識がなくても、プロが作ったような仕上がりになります。

ホームページとブログを同時に管理できる

WordPressには固定ページと投稿ページがあります。固定ページは一枚で独立できるページです。投稿ページはブログの様に時間軸で掲載されるページです。

この違いが私にはなかなか理解出来ませんでした。でも、固定ページは画用紙、投稿ページはノートと考えると、なんとなく違いが理解できるのではないでしょうか?ノートには日付とメモした内容のジャンルのタブがついています。基本的には日付で並んでいますが、ジャンルによって並び替えることができます。

WordPressの欠点

全く知識がなくてもプロ並みのホームページができるWordPressですが、いくつか欠点があります。

  • 表示速度が遅い
  • 日本語対応が少ない
  • 各テーマの詳しい使い方の説明がない

表示速度が遅い

WordPressはHTMLだけで作られたホームページに比べ、複雑な構成でホームページが出来ています。CSSやJavaScriptは別ファイルから読み込んでホームページのデザインを指示していますし、またプラグインを組み込んでいます。そのため、表示するまでに時間がかかります。

日本語対応が少ない

ホームページのテンプレートであるテーマは英語で書かれています。それを日本語に訳して使います。それので、日本語対応になっていないテーマの方が日本語に対応しているテーマに比べて多く存在します。

各テーマの詳しい使い方の説明がない

日本語対応になっていないテーマが多い上、テーマの使い方や設定が書かれたマニュアルがありません。WordPressに慣れていない人や新しいテーマを使いはじめたときは、難しいと感じるかもしれません。

コアサーバーでのWordPressのインストール方法

癒やし画像:うさぎ

コアサーバーでは、ドメインとWordPressのインストールが合わせて最短1分でできます。といっても、システムの反映に5分弱かかります。もし5分以上かかっても気にせず安心して、繁栄されるまで待ってくださいね。

WordPressはデータベースを作る必要があります。データベースの数が作成できるホームページの数になります。CORE-MINIプランはMySQLを10個使用することができます。

手順は、下準備としてデータベースの作成を行います。その後、インストールの設定を行い、インストールします。インストールが終わったら、ログインし、データベースの設定を行います。

  1. データベースを作成する
  2. CMSをインストールする
  3. データベースをWordPressと紐付ける
  4. WordPressをインストールする

データベースの作成

コントロールパネルにログインします。ダッシュボードの「データベース」をクリックします。「MySQL」を選び、データーベースの新規作成ボタンをクリックします。

コアサーバーのデータベースを新規作成する設定画面

必要事項を入力します。パスワードはコントロールパネルに*で伏せ字になっていますが、青文字の「表示」をクリックすると、表示されます。

DB名データベースの名前を入力します。
パスワード半角英数記号15文字以内でパスワードを作成します。
文字コードデフォルトのままでOKです。
メモ任意です。沢山増えると分からなくなるので、メモします。

CMSのインストール

「サイト設定」をクリックして、サイト一覧を表示します。インストールしたいドメインをクリックします。

ドメインのサイト設定が表示されたら、カーソルを下まで下げてツール、CMSインストールを表示します。(CMSのインストールというよりも、ファイルのダウンロードです)

WordPressを選びます。フォルダを作るかドメインを選びます。

CMSインストール設定画面

サイト設定>サイト一覧>ツール/セキュリティのCSMインストールは、公開ディレクトリ直下のためおすすめしません。

データベースの設定

インストールが終わったら、ブラウザからドメインにアクセスします。またはファイルマネージャーを開き「wp-login.php」を開きます。データベースの設定の説明がかかれた画面が表示されます。

WordPressのデータベース設定画面

「さあ、始めましょう!」をクリックします。クリックすると、データベースの詳細設定の画面が表示されます。データベースの詳細を設定します。

WordPressのデータベース設定画面
データーベース名作成したデータベースの名前を入力します。
ユーザ名データベース名を入力します。
パスワード設定したパスワードを入力します。
データベースのホストデフォルトのままでOKです。localhost
テーブルの接頭語そのままでも大丈夫です。任意でつけます。

入力が終わったら「送信」をクリックします。新しい画面が表示されたら「インストール実行」をクリックします。

WordPressのインストール

WordPressのログインのための設定をします。

WordPressの必要情報を入力する
サイトのタイトルホームページのタイトルを入力します。
ユーザ名管理者を入力します。後から変更できません。
パスワード任意で作ることができます。
そのままでよければ、「表示する」をクリックしてメモします。
メールアドレス連絡用のメールアドレスを入力します。
検索エンジンでの表示ホームページを作成中はチェックを入れます。

入力が終われば、「WordPressをインストール」をクリックします。「成功しました!」と表示されたら終了です。「ログイン」をクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。

WordPressのログイン画面

WordPressはホームページの知識がなくても、いきなりプロ並みのホームページを完成させることができます。あなたが仕事でしたいこと、ホームページでしたいことはプラグインに任せれば簡単にできます。ぜひ、ホームページを作る時は検討してみてくださいね!

沢山やりたいことがあるから、WordPressに挑戦してみようかしら!

タイトルとURLをコピーしました