クッキーとは何?クッキーの使用に「同意」しても大丈夫なの?

スポンサーリンク
クッキーについてHP作成

最近、「クッキーの使用に同意しますか?」ってホームページを開くと表示されるのだけど、クッキーってなんなの?なんだか恐いわ・・・

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

クッキーの名前はお菓子のクッキーが由来です。クッキーの中に小さな紙が入ったフォーチュン・クッキーをイメージしています。1994年に提案された通信プロトコルや通信情報をさします。こうやってかくとお菓子のクッキーぽくないと思われそうですが、読んで貰えればお菓子のクッキーぽいって思って貰えると思います。

クッキーは利用者とサイト運営者にとって便利な存在

クッキーについて

クッキーについては、「プライバシーポリシー」に説明しています。わかりにくいと思いますが、引用します。

クッキー(Cookie)とは本サイトにアクセスした際にお客様のコンピュータ(またはスマートフォンやタブレットなどのインターネット接続可能な機器)上に保存される小さなテキストファイルのことです。クッキーを利用することにより、ご利用のコンピュータのウェブサイト訪問回数や訪問したページなどの情報を取得することができます。

クッキーを例えると「通行手形」が分かりやすいと思います。通行手形があれば関所を通ることができます。また、関所の役人は通行手形によって誰がいつ通行したかを管理できます。

クッキーの役割

クッキーはホームページを訪れる人、サイト運営者にとても役に立つ存在です。

ホームページを訪れた人は通行手形のクッキーを渡されたことによって、再度訪問したときやパスワードの保存、ショッピングカートの保存ができます。これによって、毎度、いちからやり直さなくてもいいのです。スムーズにサイトを開くことができます。

一方のサイト運営者は通行手形のクッキーでアクセス解析を行い、ユーザーの行動を知ることができます。これによって、サイトをどこの国、言語、どのページからやってきたのか、滞在時間などを知ることができます。

クッキーは発信元によって種類があります。

クッキーの種類

クッキーには大きく2種類あります。ファーストパーティクッキーとサードパーティークッキーです。

例えば、クッキーパーティの主催者が、ホストが自らおもてなしするならファーストパーティクッキー。クッキーパーティの主催者が別にいる場合はサードパーティークッキーになります。

クッキーには発信元が明記されています。発信元がこのブログであれば、yamatokokobachi.comになります。クッキーには、HTML、画像、CSS、Java Scriptなどがそれぞれが書かれています。

ホームページ全てがサイト運営者だけの記事や画像であればファーストパーティクッキーがブラウザに保存されます。ただし、広告が表示されるようなホームページでは、その広告からもクッキーが送信されます。広告のクッキーがサードパーティークッキーになります。

広告をクリックしたら、次から次へ同じような広告が表示されて、「恐い」と感じたことはありませんか?

クッキーの問題

ネット通販を利用した後で、あなたにオススメ商品が紹介されます。しかも別のページを開いても同じような商品の広告が表示されます。これが、クッキーの便利な点であり恐い点であります。

他の人が自分のパソコンを作った場合、どんなホームページを好んで見ているのかが分かってしまいます。そして、サードパーティークッキーを利用する側の利用の仕方によって、利用者が思わぬ不利益をこうむる場合があります。

以前に、就職情報サイトを訪れた人のクッキーを利用して内定辞退率の指標を作成し提供したことが問題になりました。・・・詳しくはこちら

再びプライバシーポリシーから引用します。

クッキーを通じて収集する情報には「お客様を識別できる個人情報」は一切含まれていません。
また、お客様のブラウザの設定によりクッキーの機能を無効にすることもできます。クッキーの機能を無効にしても本サイトのご利用には問題ありません。

クッキー自体は個人情報ではなくても、他のデータと組み合わせることで個人を特定することができます。こういった場合も個人情報と見なすべきなのです。

ただし、EUではクッキーは「個人情報」と見なしています。

EUのクッキー規制に対して日本は?

EU圏では、電子通信サービス分野におけるプライバシーに関するルールを定めた規則「eプライバシー指令(e-Privacy Directive)」があります。クッキーの取り扱いの明示とクッキーの利用をホームページに訪れた人に同意を得ることを義務づけられています。

日本でもクッキーの同意を得るホームページが増えました。クッキー規制は経済の発展を妨げるという考えがあるので、今のところクッキーの同意を得るポップアップは必要ないといえます。

ただし、あなたのホームページでどのようにクッキーを扱っているか知っておいたほうがいいでしょう。クッキーポリシ-やプライバシーポリシーの作成は必要になってくると思います。

特に神社のホームページを作るのなら、プライバシーポリシーの作成は信頼を得るためにも必要です。

クッキーの利用に同意を拒否したらどうなるの?

サイト運営者側のアクセス解析に影響がでます。拒否した人はアクセス数から除かれるので、正しい解析ができなくなります。といっても、ホームページを利用する人には関係ないことです。

でも、プログラムに影響が出て、ホームページの表示や予約などに影響がでる場合があります。なので、ただ閲覧するだけのホームページであればクッキーの利用を拒否しても問題ありません。ポップアップを読み、ホームページの種類によって拒否したり同意すればOKです。

最後に

ドイツに本部があるジンドゥークッキーポリシーが、クッキーを理解する手助けになると思います。

クッキー自体はホームページを利用する人、運営者にとって便利な存在です。クッキーの扱いでIDやパスワードの漏洩、プライバシーの侵害などの問題があることは確かです。

無料ホームページを利用している場合は広告の掲載が必ずありますので、クッキーの扱いについて今一度見直した方がいいと思います。

クッキーは恐いものじゃないのね!安心したわ。
私のホームページはクッキー利用しているかチェックするわ!


ジンドゥーは簡単にクッキー利用についてのポップアップを設定することができます。まだまだ日本では義務ではありませんが、その波はきています。

ジンドゥーの無料ホームページは機能の制限がありますが、アメーバブログなど他の無料サービスにくらべると広告表示が少ないように思います。

パソコンを持っていない人やパソコンに詳しくない人でも簡単にできるのがジンドゥーAIビルダーです。クッキーやホームページ作成に不安のある方はジンドゥーがオススメですよ。

 

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました