WordPressでログイン無限ループに陥った場合(失敗談)

スポンサーリンク
歯車:WordPressのログインの無限ループになったらHP作成

WordPressにログインできないの。さっきからずっとログイン画面を表示して、全然ログインできないの。どうして?どうしたらいいの?

今回はこういったお悩みに添いたいと思います。

実はこの、ログインが無限ループになってしまい全然ログイン出来なかった悩みは、私の悩みです。今回は失敗談です。きっとログインの無限ループに陥った人のお役にたてると思うのでお付き合いくださいね。

ログインの無限ループとは?

ログイン画面で正しいIDとパスワードを入力しても、いっこうログイン画面が表示されるだけで、ログイン出来ない状態を「リダイレクトループ」といいます。これを無限ループと読んでいます。

私が無限ループに陥った状況

無限ループに陥ったのは、さくらインターネットでWordPressの一般設定をした後でした。

ログイン画面でIDとパスワードを入力しても、「404 Not found」となり、ログイン画面に戻って、正しいIDとパスワードを入力します。また、「404 Not found」が表示されます。またログイン画面に戻るを繰り返しました。

何度もIDとパスワードを確認しても正しいのです。画面をよく見ると、心なしか少しブレた状態でログイン画面が表示されています。

これは「ちょっとおかしいぞ」と思い検索しました。「WordPress_ログインできない」で検索したところ「無限ループ」「リダイレクトループ」という言葉が引っかかりました。そこには無限ループの特徴として、「ログインのURLがおかしな文字列で長い」と書いてありました。

ログイン画面のURLを見ると、おかしな文字列で長いのです。どんな状況が起きているのかは理解しましたが、解決策が見つかりません。やっと見つかったのが、どうやらWordPressのURLとサイトURLを変更したのが原因でした。

これから対応策をお話ししますね。

ログインの無限ループの特徴

ログインの無限ループの特徴です。

  • ログインできない
  • ログインの画面が揺れている気がする
  • ログインのURLがおかしな文字列である
  • 正しいIDとパスワードを入力している

もし、これらに当てはまっていたらログインのリダイレクトループです。

私がログイン無限ループになった原因

WordPressのアドレスとサイトアドレスの違い

私の場合はWordPressのアドレスとサイトアドレスを同じにしたことです。WordPressのアドレスとサイトアドレスの意味を間違えると大変なことになります。

  • WordPressのアドレス:WordPressをインストールしたアドレス
  • サイトアドレス:WordPressにアクセスするアドレス

私がログイン無限ループになった原因

私の奉職する神社のホームページの場合は、さくらインターネットでレンタルサーバーと独自ドメインを契約しています。

WordPressをインストールはマニュアルを見ずになんとなく行いました。インストールはできましたが、その後の設定や理解が足りなくてミスが起こりました。

さくらインターネットの新コントロールパネルでのWordPressの詳細です。

新コントロールパネルのWordPressの詳細

こちらは旧コントロールパネルです。書かれている内容は同じです。

さくらインターネットの旧コントロールパネルのWordPressの詳細

画像の設置先がWordPressのアドレスになります。インストールした後、WordPressの初期設定の一般設定をいじらなければ、この設置先が表示されているはずです。

それを独自ドメンのドレスにしてしまったのが原因でした。しかも、別にWordPressのアドレスとサイトアドレスを変更しなくても大丈夫です。WordPressのアドレスとサイトのアドレスはそのままでも、何も影響はありません。ユーザにも影響ないしそのままで良かったのです。

みなさんは私みたいにログインの無限ループに陥らないようにしてほしいので、インストールの手順と設定をまとめています。よかったら読んでから、行ってくださいね。

ログイン無限ループになった時の対処法

原因は、Wordpressのアドレスの変更が原因でした。でも、ログインできないのにどうするのかというと、「wp-config.php」ファイルを編集します。これで無事にログインできます。

もし、どうしてもWordpressのアドレスを変更した形にしたい、サイトアドレスと同じにしたい、WordPressのアドレスが固定されて嫌だと言う場合は、データベースを変更します。

手順は次のようになります。

  1. wp-config.phpファイルを書き換える
  2. ログインする
  3. 設定画面を戻したい場合はデータベースを書き換える
  4. 元のwp.config.phpファイルに変更する

wp-login.phpファイルを書き換える

wp-config.phpファイルのダウンロード

コントロールパネルにログインします。ファイルマネージャーで「wp-config.php」ファイルをダウンロードします。ファイルマネージャーから直接編集することができますが、うっかりミスをしたときにどこをミスしたかわかっていれば訂正できますが、初心者は直接編集することは避けましょう。

ファイルマネージャーで「wp-config.php」ファイルのダウンロードします

wp-config.phpの編集

次に、「wp-config.php」ファイルを開きます。Windowsnoメモ帳で開かないことを推奨していますが、メモ帳でも編集できます。

wp-config.phpファイルの編集は「編集が必要なのはここまでです!」の上で行います

「編集が必要なのはここまでです!」の上にコードを追加記入します。アドレスが「https://sample.com」となっていますが、WordPressのアドレスに入力した誤ったアドレスを記入してください。

define('WP_SITEURL', 'https://sample.com');

「wp-config.php」ファイルの書き方が違うので注意ください。「WP_SITEURL」となっていますが、WordPressのアドレスです。

wp-config.phpの表示意味
WordPressのアドレスWP_SITEURLWordPressをインストールしたアドレス
サイトアドレスWP_HOMEWordPressにアクセスするアドレス

ログインする

ログイン画面にアクセスして、正しいIDとパスワードを入力します。上手くいけば、ログイン出来るはずです。

管理画面の設定の中の一般設定でWordPressのアドレスがグレーになって固定されています。このままでも問題ありません。でも、気になる場合はデータベースを編集します。

データベースを書き換える

コントロールパネルのデーターベースを開き、phpMyAdminにログインします。「wp数字options」を選んで「siteurl」を変更します。もしかしたらテーブル名が違うかもしれませんが、「options」と書かれたモノを探します。

phpMyAdminでsiteurlを編集する

以上です。

ちなみに、このphpMyAdminにログインするためのIDとパスワードは「wp-config.php」ファイルに書かれています。もし、IDとパスワードを忘れてしまったら、「wp-config.php」ファイルで確認しましょう。そして、phpMyAdminにアクセス出来るとWordPressの管理画面にアクセスできるIDとパスワードを取得することができます。

「wp-config.php」ファイルは大切なファイルなので、ファイル属性(パーミッション)の変更することをオススメします。その方法もまとめていますので、参考にして頂けたら嬉です。

WordPressのインストールと設定に慣れていない人は、どんなことを作業するか、したかをメモしてから、保存や実行をするといいですよ。メモを残せば、どんなミスをしたかが分かるので修正がスムーズに行えます。

ログインの無限ループに陥った時とても参考になった記事です。

HP作成
スポンサーリンク
いつもありがとうございます!
楽カミほむぺ★
タイトルとURLをコピーしました