WordPressをインストールしたらまず最初にやるべきこと4つ

メモ:WordPressをインストールした次は?HP作り
スポンサーリンク

WordPressをインストールしたら、次はどうするの?

WordPressをレンタルサーバーにインストールしたら、次はWordPressの初期設定を行います。WordPressをインストールしたら、さっそく投稿をしたいところですが、その前に少し設定があります。

WordPressをインストールしたら、次にするべきこと

WordPressをインストールして、記事を投稿する前に行うべきことが4つあります。少し面倒かもしれませんが、大切なことなので焦らずに行ってくださいね。

  1. WordPressの設定
  2. セキュリティ対策
  3. テーマの選択
  4. プラグインのインストールと削除

WordPressの設定、セキュリティ対策、SEO対策、投稿の準備をするために行います。後でも設定は変更可能です。こっちの方がいいなと思ったら、URL以外どんどん変更しましょう。

WordPressの設定

まずは、WordPressの設定します。管理画面のメニューにある「設定」を設定します。

  • 一般設定:ホームページのタイトルやURL、メールなど
  • 投稿設定:カテゴリーやメール投稿の設定
  • 表示設定:ホームページの設定
  • ディスカッション設定:コメントに関する設定
  • メディア設定:画像の大きさの設定
  • パーマリンク設定:記事のURLの設定
  • プライバシーポリシーの設定

設定は簡単です。サクサク設定しましょう。では、行きますよ。

一般設定

一般設定は「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を入力します。URL、メールアドレス、タイムゾーンはそのままで大丈夫です。

WordPress一般設定画面

上の画像は、このブログの一般設定です。イメージがつきやすいと思うので載せます。

「サイトのタイトル」は、特になければ、神社の場合は神社名でいいと思います。

「キャッチフレーズ」が思い浮かばなければ、空白でも構いません。教えや推したいこと、「御鎮座○年」「式内社」など特徴的なことを書きます。もし、全く思い浮かばない場合は、「〇〇神社公式ホームページ」、御祭神の御神徳や座右の銘でもいいでしょう。

サイトのタイトルとキャッチフレーズのつけ方の参考に「サイトタイトルとキャッチフレーズの効果的な使い方」をよかったら読んでみてくださいね。ヒントになれば嬉しいです。

URLは変更しない方が無難です。私は変更してログインできなくなったことがあります。よく分からない人は変更しない方がいいと思います。

投稿設定

特に設定することはありません。

表示設定

表示設定のホームページの意味は、ホームページのURLで一番最初に訪れるページのことです。

WordPress表示設定画面

ブログのように使いたい場合は、「最新の投稿」を選びます。その場合は、1ページに表示する投稿数を設定します。10~15記事くらいがちょうどいいように思います。

アクセスする度に見て欲しいページがある場合は「固定ページ」を選びます。

もし、「検索エンジンでの表示」にチェックが入っていない場合は、チェックをいれます。チェックを入れると作成中のホームページが検索サイトに表示をされます。最初の記事を投稿するくらいにチェックを外しましょう。

ディスカッション設定

投稿した記事にコメント欄を設けない場合は、全てチェックを外します。コメントを受けるか受けないかは神社の方針で決めてください。

WordPressコメント設定

私は宗教系のホームページにはコメント欄は必要ないと思っています。人手不足でコメントに対応できないこと、良いコメントばかりではないこと、ネット上のやりとりよりも対面のやりとりの方が重要だと思うからです。

メディア設定

よく使う画像サイズを設定しておけば、自分で作るテマが省け効率アップします。

WordPressメディア設定画面

画像編集ソフトを使ってサイズ調整した上で、画像のアップロードをする人は設定は必要ありません。

パーマリンク設定

パーマリンクとは投稿するページのURLになります。投稿記事のファイル名と言った方が分かりやすいかもしれません。「投稿名」を選択します。

WordPressパーマリンク設定画面

プライバシーの設定

プライバシーポリシーの設定を行います。企業や神社はプライバシーポリシーは必須です。

WordPressプライバシー設定画面

プライバシポリシーの書き方について記事をまとめました。よかったら読んでみてくださいね。

セキュリティ対策

次にセキュリティ対策を行います。

WordPressはオープンソースのため、基本的構造が開示され誰でも開発をすることができます。また、40%近くのユーザーがWordPressを利用しています。そのため、WordPressをねらった攻撃に被害に遭いやすいという欠点があります。

まずはインターネット環境のセキュリティを整えます。セキュリティソフトの導入やファイルのパーミッションの設定、パスワードの強化、常時SSL化です。

WordPressのセキュリティの記事がありますので、お役に立てるかなと思います。

セキュリティ対策はこれをしたら、「大丈夫!」はありません。そのためにも日々巧妙化する手口に敏感になっていてほしいと思います。

テーマの選択

インストールした直後はデフォルトテーマが選択されています。お好みのテーマを選択します。デフォルトテーマは消さないようにしましょう。サイトヘルスで勧告がでます。

プラグインのインストールと削除

不必要なプラグインは削除します。インストールしたままですと、サイバー攻撃の標的になる場合やサーバへの負荷がかかります。必要のなりプラグインは削除しましょう。

私が使っているプラグインです。参考になったら嬉しいです。

WordPressの高速化のプラグイン「Autoptimaize」もインストールしました。

設定、お疲れ様でした!投稿を楽しんでくださいね

これでWordPressの設定が済んだから、いよいよ投稿ね!

タイトルとURLをコピーしました